青年海外協力隊として、ベトナム病院へ

広告

派遣先候補は世界約80カ国

「アフリカ、或いは世界のどこでも」と希望を出したA・Tさんは、ベトナムのとある小児科病院に配属が決まりました。

 

さまざまな壁に最初は戸惑いながらも、心優しい現地の方々の懐に飛び込み、懸命に取り組んだ2年間。Aさんはかけがえの無い経験を体験したのです。

 

 

A・Tさん(35歳)

 

  • 看護業界歴…13年
  • 転職回数…1回
  • 現在の勤務先…東京都区立保育園
  • 過去勤務先…大学病院(小児外科)、ボランティア:JICA・青年海外協力隊(ベトナム看護隊員)
  • 保有資格…正看護師、保健師

 

 

 

 

広告

業務は理解できても、意思疎通が困難

まず、2カ月間の派遣前訓練を受けました。

私の派遣先であるベトナム語やベトナムの文化を学んでから、現地へ向かいました。

 

 

 

ハノイから南へ2時間ほどの都市にある小児科病院に配属されました。

新生児科に所属、私が行ってから出来た新たな科でした。

 

新生児科は経験はありませんでしたが、小児外科で似た経験は積みましたし器具の使い方、業務の流れも理解出来て居ます。問題は言葉の壁で、意思疎通は最初のうち大変苦労しました。

 

訓練にて基本的な会話は学びましたが、発音に苦労しました。

現地で語学学校にも通いましたがそれでも「何を言っているのかわからない」と言われ続けた時期もありました。

でも、みなさん理解しようと耳を傾けてくださり、「こう言っているんだよ」と訳そうとしてくれる人もいたのです。

 

言葉も満足に話せない私に、親切にしてくださったベトナムの医師や看護師さんたち。

そのおかげで半年も経つ頃にはスムーズに会話出来る様になりました。。

 

 

 

 

 

看護師として同じ目線で一緒に考える

 

 

 

 

異文化理解、これは言葉以上に難しかったです。

最初の頃は日本での常識と違う事ばかりが目に付き「それはおかしい、間違っています」と言ってしまいそうになる事もたびたびありました。

しかし、日本と比較した指導はその国の事情や文化でままならない事も多くあります。

 

 

「日本ではこれが正しいから、こちらでも」ではなくて「日本はこうでした、この病院ではどうすればいいか、一緒に考えましょう」

こう言えるようになったのが、私自身一番良い変化だと思います。

 

あの2年間、私がどれだけの事が出来たかは分かりません。

ただ、科長さんは「Aは患者さんの為を思って一生懸命働いている。みなもそれを見習いなさい」とずっと言ってくれました。

私は私の出来る事を一生懸命やっていただけです、でも、そこに何かを感じて貰えたのなら、そこに成果があったように思います。

 

○      ○      ○

 

最終回は、帰国後に区立保育園で働くAさんの今をお話ししたいと思います。

広告
今すぐ、1分で完了!転職相談